一般拠出金とは of 労働保険年度更新のポイント

労働保険の年度更新をもっと理解するためのサイト「労働保険年度更新のポイント」

一般拠出金とは

 一般拠出金とは、「石綿による健康被害の救済に関する法律」により、労災補償の対象とならない石綿(アスベスト)健康被害者の救済費用に充てるため、平成19年度の労働保険の年度更新から徴収が開始されています。

 石綿(アスベスト)は、全ての産業において、その基盤となる施設、設備、機材等に幅広く使用されていたため、健康被害者の救済にあたって、アスベストの製造販売等を行ってきた事業の事業主のみだけでなく、すべての労災保険適用事業主が一般拠出金を負担することになっています
(特別加入者や雇用保険のみ適用の事業主は、申告・納付の対象外です)。

 料率は業種を問わず、一律1,000分の0.05(1,000分の0.5ではありません。1,000分の0.05です。)です。
 なお、労災保険のメリット対象事業場でも、一般拠出金はメリット料率の適用(割増、割引)はありません。
 また、一般拠出金は全額事業主の負担となります。

申告・納付方法

 申告と納付の方法は、労働保険料と併せて申告・納付します。(申告書内に一般拠出金の記載欄があります。)

 なお、有期事業は、平成19年4月1日以降に開始した事業(工事等)の分のみを申告・納付します。したがって、労災保険料の算定の対象となる事業(工事等)とは異なる場合があります。

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

販売用バナー.png販売用バナー.png
bana3.jpgbana3.jpg